銀行の住宅ローン金利は自由化されています

住宅ローンの金利は以前はどこの銀行でも信用金庫でも同じでした。
長期プライムレートと呼ばれる金利が適用される変動金利でした。

富山の住宅ローンの滞納をわかりやすく説明しています。

当初の5年間は金利が変動しても返済額は変動しないで、期間を延ばしたり縮めたりして金利の変動に対応しますが、その後は返済額が増減する仕組みになっていました。

この仕組み自体は今でも同様になっている銀行もありますが、金利は自由化されていますので、金融機関によって異なります。

借入から当面の間は返済額が一定の方が返済計画を立て易いのでこのような仕組みがあるのです。

金融機関は護送船団方式と呼ばれる方法で手厚く保護されていました。過当競争を避けるために、最も体力の弱い中小の金融機関でも対応できる金利に設定されていたのです。



あなたに合った常陽銀行の情報を幅広く扱っているサイトです。それは預金金利や手数料なども基本的に同様でした。
中小の金融機関でも利益が計上できる水準の金利ですので、大手の銀行は大幅な利益を上げていました。

しかし、顧客目線で金融の自由化を進める時代になって金利が自由化されました。


住宅ローンの金利は以前は変動金利だけでしたが、今では様々な期間の固定金利があります。その金利も固定期間も金融機関によって異なります。

顧客の選択肢は飛躍的に拡大しました。
武蔵野銀行の情報を参考にしましょう。

金融機関が住宅ローンの増強のために金利競争をしている時代ですので、顧客は金利を比較して金融機関を選択することが可能です。

マネー雑誌や金利の比較サイトなども活用できます。



住宅ローンは長期間の借入になりますので、金利の差が表面的には少ないように見えても、借入期間を通算した支払金利の額は大きな金額になります。

筑波銀行について情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。現状の住宅ローンの金利は固定金利よりも変動金利の方が低くなっており、変動金利を選択する人が多い傾向にあります。
しかし、将来的に金利が上昇すると返済額が増加することになりますので、今のような超低金利の時代には固定金利を選択する方が安心だと考える人もいます。

公的な住宅ローンである住宅金融支援機構は固定金利の住宅ローンを用意しています。





    Copyright @ All Rights Reserved.